ママが作るチーズケーキレシピチーズケーキレシピ失敗談 > 生クリームを加えたら生地がドロドロになった(レアチーズケーキ)

生クリームを加えたら生地がドロドロになった(レアチーズケーキ)

生クリームを加えたら生地がドロドロしてしまった(レアチーズケーキ)

レアチーズケーキレシピ6の段階で

  • 生クリームが冷えていた。
  • 生クリームを泡立てすぎた。
  • (レシピ5)から時間がだいぶ経ってしまった。

スポンサード リンク

生クリームを加えたら生地がドロドロしてしまった(レアチーズケーキ)

(レシピ5)の生地にはゼラチンが入っているので、時間が経てば経つほど生地が固まっていきます。 特に冬場は室温が低いので、固まるのがとっても早い。

生クリームを泡立てた段階で、(レシピ5)の生地が固まってしまっているのに気がついたら、 (レシピ5) の入ったボールの底を温めたふきんで覆い、少し温めながら泡立て器でかき混ぜます。

注意するのは、泡立てた生クリームを加えた後に、ボールを温めてしまうと、せっかく泡立てた生クリームの泡が消え、 出来上がりがどっしりとしたレアチーズケーキになってしまいます。(食べるとき、フォークの切れ味が鈍く、口の中でもふんわり溶けない。) ですから、(レシピ5)が固まりすぎているなと感じたら、必ず生クリームを加える前に対処して下さい。

生クリームを泡立てすぎてしまうと、元には戻りません。そうすると生地にうまく混ざらず、 分離したままのレアチーズケーキになってしまうので、注意して下さい。

ドロドロしてしまった生地をクッキー生地の土台に乗せると、綺麗に流れ込まず、ボソボソした見かけになってしまいます。

そうなってしまったら・・・綺麗な表面のレアチーズケーキは諦めて、 表面をゴムべらでペタペタ叩くようにしてツノをたくさん作ってみて下さい。

そして食べる前に「雪どけをイメージしてレアチーズケーキの表面をデザインしてみました!」とでも得意気に言ってみて下さい。 ついでに粉砂糖も茶こしでパラパラふりかけておき、ブルーベリージャムとミントを添えると素敵な仕上がりになります。

最後まで、素敵なチーズケーキを作ることを諦めないで下さいね。

スポンサード リンク

copyright(c) 2006-2011 ママが作るチーズケーキレシピ All Rights Reserved.