ママが作るチーズケーキレシピ > チーズケーキの歴史

チーズケーキの歴史のカテゴリー

チーズケーキの起源は古代ギリシャ時代からだと言われています。あちこちの国や地域でその人達の好みによって変化して作られ、そこから生み出されたチーズケーキのレシピは、なくてはならないお茶菓子として、その家庭のお嫁さん達によって代々引き継がれたりしています。チーズケーキの歴史は長くて深く、種類もたくさんあります。

今では当たり前のようにケーキ屋さんのショーケースに並んでいるチーズケーキ。けれども、その歴史はまだまだ日本では浅いもの。一体、いつ誰がどのようにチーズケーキを日本で確立したものにしたのか気になりますよね。

そんなチーズケーキの歴史などを、こちらに集めてみました。 色々な種類のチーズケーキがたくさんある中で、それら一つ一つに興味深いエピソードや人知れぬ努力が詰まっていたりして、何も知らずにただ「おいしい。」と食べてしまうのが申し訳なくなるほど・・・。

私も奥深いチーズケーキについて、もっともっと学ばなければ!育児と家事に追われる毎日ですが、その合間合間にでも頑張っていきたいと思います。

スポンサード リンク

1920年 フィラデルフィアクリームチーズとチーズケーキの出会い

1920年 フィラデルフィアクリームチーズとチーズケーキの出会い

1920年代半ばに「フィラデルフィア クリームケーキ」レシピが考案されました。

1969年 チーズケーキとの出会い(日本)

1969年 チーズケーキとの出会い(日本)

クリームチーズケーキの発売は1969年。

モロゾフ当時の社長、葛野友太郎氏が東ドイツにて食した「ケーゼクーヘン」を元に、社内研究させて作り上げた。

copyright(c) 2006-2011 ママが作るチーズケーキレシピ All Rights Reserved.