ママが作るチーズケーキレシピチーズ事典 > チェダーチーズ

チェダーチーズ

チェダーチーズ

イングランドのサマーセット州チェダーで作られていたことから、「チェダーチーズ」と呼ばれています。

牛乳を原料とするセミハードタイプのチーズです。

スポンサード リンク

チェダーチーズ

イギリスを代表するチーズのチェダーチーズ。英国人移民が世界各地でこのチェダーチーズを作ったことで、 世界中で生産され、愛されています。

チェダーチーズは、凝乳酵素でミルクを固め、細かく切ってホエー(乳清)を抜いた後のカード (豆腐のように凝固したもの)を固め、脱水し、再び細かくした後に加塩しながら型に詰めていくという、「チェダリング」 と呼ばれる独特の製法で作られます。

出来上がったチーズはボロボロとした鶏のささみのような荒い組織が特徴。ゴーダよりも脂肪分が少なく、 おだやかな酸味と、 コクのある熟成された味わいが多くの日本人にも好まれているようです。

チーズケーキにチェダーチーズを使うには、コクがあるので、ベイクド系マフィンなどがベスト。 甘さ控えめな方がチェダーチーズとしっくり合います。
溶かしたチェダーチーズは、ポップコーンやスコーン・サンドイッチやホットドックなどに使うととってもおいしいです。

今まであまり買うことがなかったチェダーチーズでしたが、ハンバーグ専門店『ゴールドラッシュ』で、 とろけるチェダーチーズのおいしさに気がついてから、我が家では熱々のハンバーグの上にチェダーチーズを乗せ、 溶けかかったところを食べるのにはまっています。

スポンサード リンク

copyright(c) 2006-2011 ママが作るチーズケーキレシピ All Rights Reserved.