ママが作るチーズケーキレシピチーズ事典 > エダムチーズ(Edam)

エダムチーズ(Edam)

エダムチーズ(Edam)

原産地はオランダ北部エダム地方。

ずんぐりした丸型でゴーダよりもややかため。

コクがあり、しかもまろやかな風味が特徴です。

スポンサード リンク

エダムチーズ(Edam)

エダムチーズはゴーダと並んでオランダが誇る、細菌熟成のセミハードタイプのチーズ。 実際ゴーダに続いて生産量が多く、全体の約20%を占めます。

エダムチーズは表面にワックス(食品用)をかけたものが主流だったため、"赤玉"の名で親しまれています。

真っ赤なワックスに包まれた生地は硬く締まっていて、やや黄色みを帯びています。

縦に切った姿は、まるで赤リンゴ。

実は外側のワックスが赤いのは海外輸出用で、国内消費用のものは、黄色いワックスだそうです。ワックスはチーズの中身を守るもの。 熟成中に水分が飛んで、目減りすることなく、変なカビもつかないというメリットがあります。

でもチーズは空気と触れていないと熟成しないので、完全な密閉状態ではなく、中のチーズが呼吸できるようになっています。 ワックスを食べると、命に別状はないのですが、非常にまずいです。食べるものではありませんので、注意して下さいね。

エダムチーズは中身をそのまま食べるほかに、パンにはさんだり、削ってパスタやグラタンなどによく使われます。

スポンサード リンク

copyright(c) 2006-2011 ママが作るチーズケーキレシピ All Rights Reserved.