ママが作るチーズケーキレシピチーズ事典 > リコッタチーズ(Ricotta)

リコッタチーズ(Ricotta)

リコッタチーズ(Ricotta)

リコッタとは「二度煮た」という意味。

「リ」は「再び」、「コッタ」とは「煮る」を意味します。

スポンサード リンク

リコッタチーズ(Ricotta)

リコッタチーズは、チーズを作る過程で生じたホエー(乳清)に、更に新たな牛乳を加えて再加熱し、 上に浮かんできた凝乳の水分を切って作ったもの。

イタリア全土で手に入りますが、「シチリア産が味の点では1番」というのが定説。

シチリアではリコッタは食生活に深く根付いていて、リコッタを使ったお菓子がたくさんあります。

フレッシュタイプのチーズで非熟成タイプなので、日持ちしません。

乳糖が多く残っているので、ほんのり甘く、さわやかな酸味があります。チーズというより、ヨーグルトを感じさせる味です。

乳脂肪分が15から30%くらいと低めなものが多く、カロリーも控えめなので、ダイエット中の方にもおすすめです。

蜂蜜や果物と一緒に食べても、お菓子作りに使用しても、よく合います。

スポンサード リンク

copyright(c) 2006-2011 ママが作るチーズケーキレシピ All Rights Reserved.