ママが作るチーズケーキレシピチーズ事典 > カッテ―ジチーズ(cottage cheese)

カッテ―ジチーズ(cottage cheese)

カッテ―ジチーズ(cottage cheese)

1963年カッテージチーズが日本で一般向けに販売され、 名糖ブランドのもので当時300g入り120円だったそうです。

スポンサード リンク

カッテ―ジチーズ(cottage cheese)

カッテージチーズとは、脱脂乳または全乳から作られるフレッシュチーズのこと。

クリーム状のチーズで、ポロポロした小さなチーズの破片が混ざっています。

脂肪分が少なく、味は淡白でほのかな酸味がありますので、料理をさっぱりと仕上げるのによく使われます。

カッテージチーズには粒状タイプと裏ごしタイプの2種類があり、そのままパンやクラッカー・サラダに添えたり、 チーズケーキなどの洋菓子に使います。また、豆腐感覚で白和えなどの和風料理にもカッテージチーズが使われたりもします。

牛乳に酢を入れて固めて、家庭でも簡単に手作りすることが出来ます。

カッテージチーズは他のチーズと比較しても高蛋白で低カロリー。

クリームチーズは100g/358Kcalですが、カッテージチーズは106Kcal。 低カロリーを目指したチーズケーキ作りには欠かせません。クレープなどの具として、ジャムと添えてもよく合うので、ぜひ試してみて下さい。

スポンサード リンク

copyright(c) 2006-2011 ママが作るチーズケーキレシピ All Rights Reserved.