ママが作るチーズケーキレシピ > チーズケーキのお友達

チーズケーキのお友達のカテゴリー

『ママが作るチーズケーキレシピ』に登場する数々の脇役達。 いつでも使えるアプリコット瓶詰や季節感たっぷりのブルーベリー。香りづけするリキュールやティラミスで使うフィンガービスケット・・・などなど。 彼らなしでは普通のチーズケーキになってしまう。 そんなチーズケーキ作りに必要な材料達に焦点をあててみました。

「これがなくっちゃチーズケーキが作れないでしょ?」という重要なものから、「これって単なる飾りなだけじゃ・・・。」というほとんどチーズケーキ作りに参加していないものまで、多種多様。

このカテゴリーでは「チーズケーキの材料」曰く「チーズケーキのお友達」と題して、あれこれ気楽に書いていきたいと思います。

そうそ、何年もちぎられては伸びて、ケーキやデザートに飾られてきた「アップルミント」は引越しをして環境が変わったせいか、とうとうダメになってしまいました。 大好きなハーブだっただけに残念。 今は代わりにレモンバームが頑張って、我が家のデザートを彩ってくれています。ほんのりレモンの香りがして、これまた癒されるハーブ。これもまたおすすめです。

スポンサード リンク

アップルミント

チーズケーキのお友達アップルミント

チーズケーキやデザートによく使われる名脇役。

シソ科の多年草。

地中海沿岸からヨーロッパが原産。

アプリコット(杏)の瓶詰

チーズケーキのお友達アプリコット

ベイクドチーズケーキによく合うアプリコット。

四千年以上も前から中国から伝わり、栽培されたと言われている杏。

品種の基本を大きく分類すると、日本あんずとヨーロッパあんずがあります。

酸味が強い日本あんずは、ジャムや果実酒、干し杏に加工されます。

サワーチェリーの瓶詰

チーズケーキのお友達サワーチェリー

サワーチェリーのチーズクリームパイレシピで使われる、甘酸っぱいサワーチェリーの瓶詰。

チェリーにはカリウムやカロチン、鉄などのミネラルが豊富に含まれています。

サントリーのケーキマジック ラムダーク

チーズケーキのお友達ラムダーク

製菓用で100ml。アルコールは45度。

ラムは、サトウキビを原料にしたスピリッツ。

味が濃く香りが個性的なので、コクのあるお菓子作りに最適。

ラムレーズン、ティラミス、ベイクドチーズケーキなどに使用。

バールセン(Bahlsen)のバンビーニ(BAMBINI)

チーズケーキのお友達バンビーニ

フランス原産のフィンガービスケット。

コーヒーに浸してティラミスに使ったり、アイスやムース状のチーズケーキに添えたり。

そのまま食べても、お菓子の材料としても、おいしいビスケットです。

チーズケーキのお友達ブルーベリー

どんな種類のチーズケーキにも合うブルーベリー。

ツツジ科スノキ属に分類される、北米原産の低木性果樹。

最近では、目に良いというアントシアニン色素が注目されています。

軽井沢高原フルーツソース ブルーベリー野生種

チーズケーキのお友達フルーツソース

軽井沢で採れた野生種のブルーベリーから作られたフルーツソース。

レアチーズケーキやカッテージチーズのチーズケーキなど、上からかけたり添えたりするのに最適です。

房スグリ(レッドカラント)

チーズケーキのお友達房スグリ(レッドカラント)

ユキノシタ科スグリ属で、鉄分やビタミンC、カロチンを豊富に含む。

スグリは「酸塊」という漢字ですが、その字の通り、とてもすっぱい果実です。

チーズケーキのお友達抹茶

洋風のチーズケーキでも、抹茶を加えるだけで和風なデザートに変わってしまう優れもの、抹茶。

日本茶の製法とは異なり、茶の木から新芽が伸びる頃、覆いをかけて直射日光を遮った後、収穫した新芽を蒸気で蒸し、 乾燥させて茎の部分を除き、粉末にしたものを抹茶と言います。

copyright(c) 2006-2011 ママが作るチーズケーキレシピ All Rights Reserved.