ママが作るチーズケーキレシピケーキ屋さんのチーズケーキ > チーズケーキファクトリー(Cheese Cake Factory)

チーズケーキファクトリー(Cheese Cake Factory)

チーズケーキファクトリー(Cheese Cake Factory)

「チーズバー」で有名なチーズケーキ専門店のチーズケーキファクトリー。

お手軽に食べられるキャンディような包みの「プレーン」「オレンジ」。

そして、季節限定販売の「南高梅のチーズバー」。

スポンサード リンク

チーズケーキファクトリー(Cheese Cake Factory)

大好きなキャラメルボックスの舞台を観に、お友達とサンシャイン劇場へ行った帰り、 アルパでチーズケーキファクトリーを見つけました。

家で待っている子供たちや主人の実家にお土産にと、早速お持ち帰りしました。

かわいらしい透き通った手提げの袋に、 チーズバーをたくさん詰めてもらいました。

チーズケーキファクトリー(Cheese Cake Factory)

「チーズバー」は3種類あったので、それぞれ数本ずつ買って帰りました。

1番上が「オレンジ」で真ん中が「プレーン」。

1番下が「南高梅のチーズバー」です。

チーズケーキファクトリー(Cheese Cake Factory)

「チーズバー(プレーン)」は、上部にほんのり焼き色がついています。

2時間じっくり焼いているからか、水分は少な目で、ちょっと固めのチーズのような濃厚チーズケーキ。

ほんのり甘いチーズ生地の中にうっすらとサワークリームが感じられます。

チーズケーキファクトリー(Cheese Cake Factory)

「チーズバー(オレンジ)」は、にんじんのようなオレンジ色。

つぶつぶのほろ苦いオレンジピールが入っています。

ちょっと甘めでさっぱりした柑橘系の濃厚チーズケーキ。

チーズケーキファクトリー(Cheese Cake Factory)

「南高梅のチーズバー」は、梅干大好きな私にとって、めちゃくちゃヒット!

甘ずっぱいをちょっと通り越して「すっぱー い!」なんだけれど、レモンとは違った心地よい酸っぱさ。 「これは梅だわー」と納得できるチーズケーキバー。

柔らかくてオレンジ色の果肉があちこちにはいっているのだけど、この甘さは杏みたい。

生地は他のプレーンやオレンジよりも、 ちょい柔らかめの濃厚チーズケーキ。毎回食べたいのに、 季節限定なのが淋しいところ・・・。

これらのチーズバーは、土台がすべてちょっと甘めのグラハムクッキー。粒は小さめで、ざらつかず、しっとりした感じ。

チーズバーを包んでいる紙包みは、絞ってある片方を解いてめくれば手を汚さず簡単に食べられるので、とっても楽。しかもおしゃれだし。 でも、「南高梅のチーズバー」は表に「plum」と書いてあるので、義妹はあの甘酸っぱくて赤い実の、 セイヨウスモモのプラムかと思ったらしい。食べてみると違いははっきりわかるんだけどね・・・。

そういえば昔、お友達とお買い物中に「チーズバーという形のチーズケーキがあるんだよ」と教えてもらい、 初めて知ったのがこのチーズケーキファクトリーでした。その頃はケーキはお皿に乗せてフォークで食べるのが常識で、 ケーキを手で食べるという感覚を持ち合わせていなかった。だから、外国の方のように立ちながら片手で気軽に食べる姿に憧れつつも、 親に知られないようにと願い(歩きながらのアイスやクレープは禁止だったし、きっと叱られるから・・・。)、ドキドキしながら食べました。 今では懐かしい思い出です。

お問い合わせ先

  • ショップ名・・・Cheese Cake Factory
  • 住所・・・東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャインシティアルパB1F
  • TEL・・・03-3987-8696
  • 営業時間・・・10:00-21:00

スポンサード リンク

copyright(c) 2006-2011 ママが作るチーズケーキレシピ All Rights Reserved.